2種類の避妊薬

箱から出した薬

避妊薬は服用することで、高い避妊効果を発揮してくれる医薬品です。
避妊薬には低用量ピルとアフターピルの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

低用量ピルは、セックス前に服用することで避妊効果を発揮してくれます。
また、女性ホルモンのバランスを乱すことから、生理不順や生理痛といった問題の解消にも役立ってくれるのです。
アフターピルは、セックス後に服用することで避妊効果を発揮します。
事後でも避妊してくれることから、思わぬアクシデントなどにも対応できるため、常備しておけばかなり心強い存在となるでしょう。

そして、低用量ピルとアフターピルとで共通して言えるのが、女性の意思だけで避妊をおこなうことができるという点です。
コンドームの場合だと、男性が着用するものですので、男性に拒まれてしまえばそこまでです。
しかし、避妊薬の場合は女性が服用してしまえばいいので、安心してセックスをおこなうことができるでしょう。

これらの避妊薬は女性であればぜひとも知っておきたいものですし、常備しておきたいものと言えるでしょう。
特に事後でも避妊効果を発揮してくれるアフターピルを常備していれば、何か問題が起きた場合でも対処することができます。
また、セックスをする際にも「アフターピルを準備してあるから」という安心感から、余計な心配をすることなく楽しむことができるのです。
では、これらの避妊薬はどこで購入しておくのがいいのでしょうか。